好きなもの 雑貨・骨董

10/09更新 ネパール土産 「戻る」はブラウザの「戻る」をクリックしてください

車箪笥
車箪笥の写真 1995名古屋で購入
確か、奈良県の業者さんだった。下部に車輪がついていて、
コロコロと動く。
移動が楽で助かる。
現在は、ゴチャゴチャと雑貨を収納中。
実用的だ。

エナメル壺
エナメル茶壷の写真 2001ベトナムで購入。
シノワーズ風。
フランス統治時代のものか。

ガンパウダー入れ
ガンパウダー入れの写真
2002モロッコで。陶製。馬の尻尾を、よりあわせたような薄茶色の紐がついてた。
体に斜めがけにして使用したと思われる。
台は日本の糸巻き。

携帯コーラン入れ
携帯コーラン入れの写真 2002モロッコで。
ラクダの骨製。飾りは銀製。
おりたたんだ、コーランを入れる。
現代の”ポシェット”の感じ。

暦?コンパス?
2000香港で。
フレームと蓋・鎖は銀製。絵が見えるところは象牙です。
蓋の模様はドラゴン。ドラゴンは幸運を呼ぶとか・・・。
何に使うものか、いまだ不明。
PageTop

水煙草喫煙具本体
2001ベトナムで
ブラスの彫刻が貼ってある。
絵柄は”ドラゴン”。
これに、ながぁーいパイプがついていた。

象嵌衝立
2000中国(深セン)で購入。
高さは182cm。一風の幅39cm。×6風。
重量はかなりある。黒い漆塗りで、白い花に見えるところが貝の螺鈿。黄色に見えるところは、翡翠(くず)に彫った鼎が貼ってある。一風に4種類で、4×6風=24種類、

象嵌手あぶり(火鉢)
1993名古屋で購入。
直径25cmX高さ23cm。銅製と思う。なかに緑青がみられた。
2個同じもので一対でした。
絵柄は、真鋳の象嵌で、実りの秋の様子か、稲穂と鳥、とりおどしである。

電気スタンド
1997友人の骨董屋さんから。
大正か昭和初期のものだそうだ。
ランプのレトロな感じが気に入っています。
犬はシェパードと思う。
電球は40Wのものを使用。
これは、蛍光色ではなく、自然光を使用するのが一番ですね。

MAKKUM焼タイル
1997友人の骨董屋さんから2枚。全6枚だったのが、4枚先に売れたと言う。残念。
オークの木枠付。裏に、MAKKUM焼の書き込みがあった。
外寸18cm×18cm
*マウスオンでもう一枚が見えます。
PageTop

漆塗り貝象嵌手あぶり
1995 原宿東郷神社骨董市で見つけた。
高さ20cm×直径18cm。2対で一組。
筒状になっていて銅製の灰受けがついていた。
漆だと思う。サイズと貝の螺鈿が気に入っている。
一個は鉢カバー。もう一個はポプリを入れています。

琥珀茶碗か?
2003/5 富岡八幡宮骨董市で。
直径8.5cm、高さ6.5cm。
把手は、ジャガーのように見えるが虎かもしれない。トカゲのような長ーい尾がついている。
本当の使途はお茶碗かなぁ。

ブラス水差打出文様
2000/9 トルコ・イスタンブールのエジプシャンバザールで。
高さ21cm
ブラス製の「盆」、「皿」、「器」など、打ち出しの手法で手作りしているのを見たあとに、バザールでこれを見つけた。
水を入れたことはありません。

手あぶり火鉢
2002/12 富岡八幡宮骨董市で
これも買ったとき、灰が入ってました。
口径17cm×高さ12.5cm、
胴回りは21cm。小ぶりです。
図柄は太公望ですね。
現役鉢カバーとして使用中。

土師器
2004/04/18富岡八幡宮で購入。
灰の焼きつき具合がなんとも魅力的。
奈良時代のものと、言った。が・・・。
ま、信用した。
口径9.5cm、高さ、高い方で約11cm。
おくと少し傾きます。
茶花風に、投げ入れをすると、似合いそう。
PageTop

ハイバックチェア
1997/8
かねてからハイバックのイスが欲しいと思っていて骨董屋さん(友人)のところでこのイス(スペイン出)を見つけ、イギリスのアンティクもののイスと等価交換しました。6脚あったのを、4脚持ってきましたから、あとの2脚はどうしたかしら。売れましたか?
貼りは赤い布貼りでしたが合わないので、手作りのカバーをつけました。

行火炉「火入れ」
2002/8 富岡八幡宮骨董市で。
行火炉は日本の暖房器具の一種。
燃料としては、木炭や炭団、豆炭などが使われた。
触ると、素焼きのようだ。
幅23cm、高さ20cm、奥行き16cm。
中に陶器の浮き玉をいれてあります。黒いススケ具合がとてもいい味です。

コロンビア土産
頂き物ですが大切にしています。車と裏に「COLOMBIA」とありますから、その地方のものと思います。
長さ22cmX高さ13cmX幅10cm 焼き物です。
屋根の鶏の横の豚がわかりますか?スペアタイアの上の緑色のはバナナでしょうかね。

「花いれ」壁掛け
1994名古屋で。
壁にかけて使用する、花いれ。はじめはぼろぼろの紐が把手のところについていた。大正時代のものとのこと。
色と手書きの模様に惹かれて購入。
焼き物の種類は、ちとわかりませぬ。
W(把手)22cmXD20.5cmXH5cm
マウスオンで裏側が見えます。

Blue Danubeボンボ入れ
1996知人の骨董やさんから、いただきもの。
高さ22cm、蓋の直径13cm。
底に「Blue Danube REG.U.S.PAT.OFF」と書いてあります。
国産、アンテイークとあるようですが、どちらでしょうか。
模様は独特のタマネギ。
マウスオンで違う角度で見えます。
PageTop

陶製人形”黄昏”
実家にあったものです。名前は勝手につけました。
哀愁がただよっているではありませんか。
足元のカバンからもビンがはみでています。
2本目を空けようとしているところなのかしら。
引越しのとき、右足首がポロリと取れていました。
直したの、わかりませんでしょ。

色は汚れているわけではなくてこんな色なのです。
マウスオンで横顔も見てやってください。

テディベア3種
  

陶製人形”楽士”
実家にあったものです。
名前は勝手につけました。
これは正面から見るより、横からの方がいい顔してます。
マウスオンしてください。
下は、ネジ式のオルゴールになっていますが、壊れています。
彼が弾いている曲はなんでしょうね。
セレナーデでしょうかね。
高さは、20cm。

南アフリカ土産”石の皿”
南アフリカ、ケープタウンで買いました。
お皿ですね。これは焼き物ではなく石を削ってあります。
したがって、重いです。機内持ち込みで大切に持ち帰りました。
一枚しか買わなかったのが悔やまれます。
アフリカンな絵柄が、なんともいえず気に入っています。
直径は25.5cm。

ペルー土産”ウロス島の器”
ペルー、チチカカ湖に浮かぶ島で買いました。
図柄の魚が、いかにもインディアナって感じでいいです。
直径6cm、つまみを入れると8cmX高さ5.5cm

愛・地球博土産”木彫りの人形”
愛・地球博、アフリカ館でで買いました。
たしか、「モーリシャス共和国のブースだったと思う。
服装が違う何体かあって、このスタイルが一番気にいった。
値段交渉ができるとは驚きだったが、まけてもらい、おまけもつけてもらった。
高さ106cm。
PageTop

鼻煙壷
 
2005/6東京ドームで開催の「お宝市」で買いました。
細かい細工をした、いろんなビンが眼に入り「鼻煙壷」と書いてありました。
かぎ煙草の類の、煙草を入れた携帯用のものです。

ガラスびんですが、カメオのように表面に模様がうきだしています。
最後のものは玉を削ってあります。手ごろな価格のものを買いました。
鼻煙壷は、内側が金、銀で細工したものもあり、高価なものもあります。
その上を行くのは、時代を表す文字が書いてあるものは資料的価値もあり、さらに高価。

魚のお皿
2005/02
乃木神社の骨董市で
丁度欲しかった魚の絵柄のお皿が、出ていましたのでGET。
時代は、不詳。だいぶ古いように見えましたが・・。
直径は22cm、深さ4cm、現役で活躍中

スティールの河馬
2004/09南アフリカ、ジンバブエで買いました。
鋳物の削りくずのような螺旋になったものでつくってあります。
たしか¥1500位だったと思います。
河馬の形成をして、ほそーい針金でまとめてあります。
鼻先からしっぽまで28cm、
高さ16cm。

エナメルポット
1999年9月
イギリス、バーステッドのリーズ城で買いました。
エナメル製でポットのミニチュア。カラフルな模様で、
どれもこれも欲しかった。
最近デパートにこの手が色々置いてあってかなりいいお値段だ。
今にして思えば、もっと買ってけばよかったと・・。
注口の先から手の先まで11cmX蓋のトップまでの高さ7cm。
上からはマウスオンでどうぞ。

ティーポット&カップ
1999年9月
イギリス、バーステッドのリーズ城で購入。
これもカラフルな気球の絵柄が可愛くて買ってしまいました。
一人分のものと思います。収納はこのように重ねてします。
ポットには下のカップ1.5杯分くらい入ります。
現役活躍中。
注口の先から手の先まで14cmX蓋のトップまでの高さ12cm。

香水瓶
2005年6月東京ドームで開催の「お宝市」で買いました。
少し集めてみようかな。とてもきれいです。
幅5cmX高さ5.5cmX厚2.4cm
今の時代の香水瓶も、ブランドそれぞれに、きれいなものが多く、瓶だけ欲しくなるのも多いけれど、こんな時代がかった瓶もいいものです。

ペルー土産
2004年12月ペルーのお土産です。
ナスカの地上絵を、見たあとにイカ空港で買いました。
銅にブラスが貼ってあります。
有名なハチドリですね。
直径24cm、裏に壁掛け用のリングがついています。

ネパール土産
2006年3月ネパールで買いました。
150年くらい前のものだそうですが・・・。
ターコイズのモザイクとブラスの彫金でできています。配色と彫金の部分が気に入りました。フタは気に入りませんが・・・。
胴体の内側は銅で出来ています。
直径注ぎ口先まで17.5cm、高さ15.5cm
PageTop 掲載中にGO!