シリア、ヨルダンのたび 2008/10  


入口は日程表にあります

シリア(SIRIA) ヨルダン(JORDAN)
共和国制をとる。
先史時代を経て、BC3ころ、エブラにセム語都市文明圏成立。その後この地域はメソポタミア、アッシリア、バビロニア、さらにギリシア・ローマ、ビザンチン帝国と支配者がめまぐるしく変わり、今のようにイスラム世界に入ってからも、ウマイヤ朝、アッバース朝、セルジューク朝などの各王朝からモンゴル、オスマン帝国と支配者が入れ替わった。1918年オスマン帝国より独立ファイサル国王即位。1920年フランス統治下に。1946年独立。1967年第3次中東戦争でゴラン高原失う。1970年アサド、クーデター、翌年大統領となる。現大統領は息子。
2011年より反政府運動始まる、2013年7月現在内戦状態。
日本人にはよくしてくれた、旅先で出会った方々のご無事を祈るばかり・・・。

産業は、小麦綿花羊毛などの農業、北東部の油田発見により石油、石油製品の輸出が主。
正式国名はシリア・アラブ共和国
面積:18万5000km2 日本の約半分 
人口:1836万人(2006年推定)
通貨:シリアポンド(SP) 1SP≒¥100
気候:日本とほぼ同じ
時差:−7時間(旅行中は6時間)
電気:プラグBタイプ
立憲君主国世襲制をとる
立地上、パレスチナ難民の流入が多く、国民の多くはその子孫。
旧石器時代から人が住み、人類最古の農業が営まれた。BC13頃から旧約聖書に登場する、アンモン人(アンマンに住む)の記載がある。BC1頃ペトラ遺跡を残すナバテア王国が栄えるもBC1〜2ローマ帝国に併呑される。7Cころからイスラム化が進む。オスマン帝国支配下の第一次大戦後イギリス統治下に入る。第二次大戦後1946年独立、現在のヨルダン・ハシミテ王国となる。
国土の80%は砂漠だが、西部のヨルダン渓谷は死海に近く温暖。野菜や果物の有望な生産地。
石油は出ないがリン鉱石と天然ガスは経済を支えている。
面積:9万2000km2 日本の面積の4分の1 
人口:535万人(2005推定)
通貨:ヨルダンディナール(JD) 1JD≒¥150
気候:日本とほぼ同じ、10月は雨が少ない時季
時差:−7時間(旅行中は6時間であった)
電気:プラグBE・B
*気づいたこと:ほとんどが砂漠地帯なので砂埃対策として大判のスカーフかマフラーがある方がいい。マスクでもいいかな。
          照明装置なしの階段、通路があるので懐中電灯など持参した方がいい。
ダマスカスからアレッポに北上、アレッポからパルミラを経てダマスカス、そこからアンマンまで南下、死海経由でアカバへ。
アカバからペトラに北上、ペトラからアンマンへ、アンマンから帰国。13日間の旅でした。
date
赤字表記は世界遺産  日付からお入りください
2008/10/09 飛行機 羽田初19:45 関空出国、ドバイ経由にてダマスカスへ 機内
2008/10/10 飛行機/バス 朝8:30頃ダマスカス到着
ダマスカス市内、国立博物館、ヒジャーズ駅、聖アナニアス教会、
聖パウロ門、コーカブ教会
ダマスカス
2008/10/11 バス クラック・デ・シュバリエ、ウガリット遺跡 ラタキア
2008/10/12 バス サラディーン城、エブラ遺跡、アレッポ市内、アル・ハラウィア・メドレセ、
スーク、キャラバンサライ
アレッポ
2008/10/13 バス 国立博物館、アレッポ城、ハマの水車 パルミラ
2008/10/14 バス パルミラ遺跡、アラブ城、国立博物館、スーク パルミラ
2008/10/15 バス マルーラ村で、聖サルキス教会、聖テクラ教会
ダマスカスで、アゼム宮殿、サラディーン廟、ウマイヤドモスク、スーク、
ダマスカス
2008/10/16 バス ボスラのローマ劇場遺跡、国境の町ダラーからラムサへ、ジェラシュ遺跡 アンマン
2008/10/17 バス クセイル・アムラ、アズラク城、死海 アカバ
2008/10/18 バス
グラスボート・四駆
紅海、ワディラム ペトラ
2008/10/19 バス ペトラ遺跡 ペトラ
2008/10/20 バス マダバ観光、ネボ山、アンマン市内、城塞、ヨルダン考古学博物館 機内
2008/10/21 飛行機 関空17:20着、羽田20:25着   


HOMEへ Pagetop△ 旅入口へ 花入口
ごらんいただき、ありがとうございます。